メタボと中性脂肪の関係

メタボとは多くの人が知っているように、メタボリックシンドロームの略した言い方です。

 

メタボと言うことで、何だか表現が軽くなっているようにも感じます。

 

ですが、メタボは動脈硬化を引き起こす可能性が大きい状態です。

 

動脈硬化が引き起こす病気としては、虚血性心疾患、脳梗塞、脳出血、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、慢性腎臓病などがあげられます。

 

どれも命に危険を及ぼす可能性のありそうなものです。

 

メタボの診断基準は、腹囲のサイズオーバーと脂質異常、高血圧、高血糖のどれかに該当する人がメタボリックシンドローム予備軍で脂質異常、高血圧、高血糖2つ以上と腹囲のサイズオーバーを抱えている人はメタボリックシンドロームだそうです。

 

簡単に言うと、肥満の人はメタボリックシンドロームであることが多いということですよね。

 

だとすれば、肥満を解消すればメタボリックシンドロームからは抜け出せるということです。

 

肥満を解消するのが難しいのですがね。

 

ダイエットをするには中性脂肪をはかるといいようです。

 

中性脂肪が高いと中性脂肪を低くすることがダイエットになるからダイエットをする意欲がわきやすくなります。

 

体脂肪が増加する原因は、肝臓が中性脂肪を作りすぎ脂肪細胞に蓄えるということがそれにあたります。

 

なので、ダイエットでは中性脂肪を少なくすることが体脂肪増加をストップさせることとなります。

 

具体的に中性脂肪を減らすには食生活の改善が効果的です。

 

簡単に言ってしまうと、健康的な食事を摂取するということです。

 

ジャンクフードを食べない、肉より魚を食べる、白い炭水化物はとりすぎないようにする、などです。

 

とにかく、普段から自分の食生活に気をつけていればメタボリックシンドロームは回避できそうです。